癌・がん@癌なんて怖くないどっと来いのショッピングサイトです。

○がん関連記事リンク

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第157回

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第157回
〈前回までのあらすじ:1976年,ニュージャージー州最高裁は,遷延性植物状態の患者カレン・クィンラン(入院時21歳)から,人工呼吸器を外すことを認める歴史的判決を下した〉
一致した家族の意見
「クィンランさんですか。こちら,ニュートン・メモリアル・ホスピタルですが,お嬢さんが集中治療室に入院されました」

 どんな親にとっても悪夢としかいいようのない電話がかかってきたのは,1975年4月15日のことだった。手塩にかけて21年間育ててきた娘は,病室でただぐっすり眠っているように見えた。人工呼吸器につながれ,鼻からは栄養を補給するためのチューブが入れられていた。

「昏睡状態です。でも,回復を早める可能性がありますから,普段通り,ご家族で話しかけてください」

 看護師の勧めに従って,カレンに話しかける毎日が始まったが,カレンは一向に反応する気配を見せなかった。
この記事の続きはこちらから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

コメント・トラバ・いつもお世話になります。
こちらへの関連記事のコメント・トラバ歓迎です。
これからもよろしくお願いします。管理人

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。