癌・がん@癌なんて怖くないどっと来いのショッピングサイトです。

●がん治療・最新ニュース

早期卵巣癌の若年患者に対する温存術は死亡リスクを高めない

米Colonbia大学のJason Wright氏らは、50歳以下の上皮性卵巣癌女性に、卵巣の一つまたは子宮を残す生殖機能温存術を適用した場合の生存率を調べて、通常の全摘出術に比べ死亡リスクの有意な上昇は見られないことを明らかにした。詳細は、8月10日付けのCancer誌電子版に掲載された。

 多くの卵巣癌患者は高齢・高ステージで診断される一方、17%は40歳以下で、比較的早期に発見されるという報告がある。こうした若年患者に子宮と卵巣を全て摘出する通常の外科的治療を行えば、生殖能力が失われるだけではなく、長期にわたるエストロゲン欠乏症状をもたらすデメリットも大きい。
この記事の続きはこちらから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

コメント・トラバ・いつもお世話になります。
こちらへの関連記事のコメント・トラバ歓迎です。
これからもよろしくお願いします。管理人

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。