癌・がん@癌なんて怖くないどっと来いのショッピングサイトです。

●がん治療・最新ニュース

葉酸受容体を標的とするEC145が進行性の非小細胞肺癌に有用な可能性

葉酸受容体を標的とするEC145が進行性の非小細胞肺癌に有用な可能性
米Endocyte社は8月11日、進行性の非小細胞肺癌(NSCLC)の患者を対象とした抗がん剤「EC145」のフェーズ2試験において、臨床上の有用性が得られたと報告した。同試験のデータは7月31日からサンフランシスコで開催された世界肺癌会議で発表された。

 EC145は、NSCLCなどの多くの腫瘍の表面に高濃度に認められる葉酸受容体を標的とする。葉酸受容体を過剰に発現する細胞に直接結合することで、正常組織を避けながら癌細胞に抗癌剤を送達できる。
この記事の続きはこちらから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126254066
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

コメント・トラバ・いつもお世話になります。
こちらへの関連記事のコメント・トラバ歓迎です。
これからもよろしくお願いします。管理人

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。