癌・がん@癌なんて怖くないどっと来いのショッピングサイトです。

●がん治療・最新ニュース

血液癌の若年者の生存率が20年で大きく改善

血液癌の若年者の生存率が20年で大きく改善
関連ジャンル:白血病
 2001年以降に血液癌と診断された若年者(15〜24歳)の長期生存率は、1980年代のそれと比較して大きく改善したようだ。米ニュージャージー医科歯科大学のDianne Pulte氏らが、米国の地域登録であるSurveillance, Epidemiology, and End Results(SEER)のデータを解析し、このほど発表した。結果は、Cancer誌2009年11月1日号に掲載される。
この記事の続きはこちらから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127166791
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

コメント・トラバ・いつもお世話になります。
こちらへの関連記事のコメント・トラバ歓迎です。
これからもよろしくお願いします。管理人

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。