癌・がん@癌なんて怖くないどっと来いのショッピングサイトです。

●がん治療・最新ニュース

パクリタキセルの投与間隔短縮で進行卵巣癌患者の生存期間延長日経

パクリタキセルの投与間隔短縮で進行卵巣癌患者の生存期間延長日経 ...
進行した卵巣癌患者には、パクリタキセルとカルボプラチンを3週ごとに投与する治療が標準的に用いられている。国立がんセンター中央病院の勝俣範之氏らは、国内85施設参加のオープンラベル無作為化フェーズ3試験を行い、カルボプラチンの投与間隔は変えずにパクリタキセルを週1回投与すると、無増悪生存期間(PFS)が延長することを明らかにした。詳細は、9月20日付けのLancet誌電子版に掲載された。
この記事の引用と続きはこちらから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129131113
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

コメント・トラバ・いつもお世話になります。
こちらへの関連記事のコメント・トラバ歓迎です。
これからもよろしくお願いします。管理人

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。