癌・がん@癌なんて怖くないどっと来いのショッピングサイトです。

●がん治療・最新ニュース

パゾパニブが世界初の承認、米国で腎細胞癌対象に:日経メディカル

パゾパニブが世界初の承認、米国で腎細胞癌対象に:日経メディカル ...
By 日経メディカル オンライン
 マルチキナーゼ阻害剤で血管新生阻害作用を持つパゾパニブ(製品名:Votrient)が10月19日、米国で腎細胞癌を対象に承認された。パゾパニブが承認されたのは世界で初めて。米国では腎細胞癌を対象に続々と分子標的薬が承認されており、6番目の製剤になる。パゾパニブは、日本では腎細胞癌、卵巣、軟部肉腫を対象に、フェーズ3試験が進められている。
この記事の引用と続きはこちらから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

コメント・トラバ・いつもお世話になります。
こちらへの関連記事のコメント・トラバ歓迎です。
これからもよろしくお願いします。管理人

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。